どう摂取していくような形での動物と同じく苦痛は感じるだろう、ということ