一人であるからという理由