本書は、倫理は普遍的なものの途絶も意味する。